コーダー

自分の市場価値を示す資格ランキングベスト5

2014/12/4 12:30
 中途採用は実務経験を重視される傾向にあるとはいえ、やっぱり資格があるのとないのとでは、転職活動のやりやすさは段違いです。では、どの資格を取れば転職市場で注目されるビジネスマンになれるのでしょう。今年の転職市場は売り手市場と言われているけど、本当に売り値のある資格って何? そんな疑問に答えるため、どの職種に転職するにも役に立ち、あなたの市場価値を確実に高めてくれる資格のベスト5を紹介してます。

5.マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
 パソコンの一通りの操作ができることは、もはやビジネスマンには当たり前の能力。わざわざ資格を取るほどでも、と思ってしまいがちですが、基礎的なパソコンスキルを証明できるに越したことはありません。とくに、多くの企業で使われるMicrosoft Officeについてのスキルが示せる国際試験MOSは、受けて損はないはずです。中でも人気がある、『Word』や『Excel』の試験から挑戦してみてはいかがでしょうか。

4.簿記
 経理や事務といったことに関わる人には必要不可欠ですが、それ以外の職種の人が持っていても役に立つ資格でしょう。簿記検定には「日商簿記検定」「全商簿記検定」「全経簿記検定」という3つの種類があり、一番のおすすめは日商簿記です。とくに、日商簿記検定2級があれば重宝すること間違いなし。もし自分に合っていると思えば、さらに1級へと進んで、公認会計士や税理士を目指してみるのも面白いでしょう。

3.TOEIC
 グローバル化が進む現代のビジネスシーンに求められるのは、なんといっても英語力。TOEIC、英検、TOEFLといった英語の資格試験の中でも、ビジネスマンの英語力はTOEICを目安に測られます。TOEIC700以上のスコアがあれば、様々な企業の目を引くことでしょう。年収においても、求人数においても、英語のスキルがあるとないとでは大違い。汎用性を重視するなら、まっさきに取得を考えておきたいところです。

2.現職種に関わる専門資格
 新卒と違って転職の場合に問われるのは、これまでどのようなキャリアを積み重ねてきたかです。とくに30代以上の人なら、実務経験によって体系的に専門知識を習得してきたことを、まずは資格を通して書類審査からアピールしておきたいところ。全般的に増加傾向にある転職者の中には、あなたとスキルが競合する人もいるはずです。そのようなライバルと並んだ場合、あなたの実力を示すその資格がものを言う可能性があるのです。

1.転職先の職種にマッチした専門資格
 新卒者でも転職者でも、希望する分野の資格をひとつでも持っていれば、面接官の印象は大きく変わります。あなたの年齢や転職の時期、そして希望する企業やその職種によって、有利に働く資格試験は異なってくるはず。自分に本当に必要な資格の習得という、明確な目的意識をもって勉強に励むことこそが、最終的にあなたを助ける決定打となるでしょう。

 基礎能力と専門分野、両方に長けた人材がグローバル社会に求められているのかもしれません。自分という人材をより高く売って、キャリアアップを目指したいものですね。もちろん、資格だけと言わず、ビジネスマンに必要なのは総合的なコミュニケーションスキルと決断力。十分な資格を取得して自信をつけた後は、実際に行動に移すのみです。資格を持ち腐れにしないためにも、まずは最初の一歩を踏み出してみませんか?
TEXT BY e10くん
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 コーダー
業務内容 アウディジャパン販売サイトのリニューアル業務です。
ブランドサイト含め約100サイトのコーディングを行っていただきます。
Flashを使用したサイトのため、Flash経験必須です。
※ActionScriptは経験問わず
勤務地 汐留
給与 年収300万~
※経験考慮
求める人物像 ◆必須スキル
・コーディング実務経験(HTML、CSS)
・Flash実務経験
・新規サイト構築およびリニューアルの実務経験尚可
・ディレクション経験
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 10:00~18:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。