ネットワーク・サーバエンジニア WEBプログラマ その他

仕事にも生きる、効果的に本を読む3つの方法

2015/3/26 19:00
知識を身につけることは成長に近道。逆に言えばデキるビジネスマンこそ、得てしてたくさんの本を読んでいるものです。
とはいえ仕事が忙しくまとまった時間が取れないとしたら、なかなか定期的な読書を習慣づけするのも難しいですよね。

たとえば話題のビジネス書を買ってはみたものの読み終わるまで時間が経ちそれまで読んだ内容も忘れてしまってほったらかしてしまう、そんな経験は誰しもあるものです。
今回忙しい人でも、本を読んで内容を身につける簡単な方法を紹介します。

1.第一章、最終章、目次の3つを先に読む

本、特にビジネス書の多くは、第一章=問題提起、最終章=最終的な結論
目次=問題提起から結論までのプロセス…といったように構成されています。この三箇所を先に読んでください。
結論とそれに至る大まかなプロセスがわかった状態で読むと驚くくらい内容の理解が早くなります。

2.マーカーを引いて何度も読み返す

本は一度目を通しただけでは記憶に残りにくいものです。
最初に通読する際はラインマーカーで、重要だと思う部分、特に心に残った部分などに線を引きましょう。
そして読了後、ラインマーカーが引かれた部分だけを時々読み返してください。
重要な部分が少しづつ記憶に染み込み忘れてしまうことを防いでくれます。

3.ノート1枚分に要約してみる

読んだ本の内容を要約し順序立ててノートに書いてみてください。
ポイントはその書いた要約を1分で他人へ説明できるようにすることです。
本の内容を簡単に説明できるようになった時、それは知識として頭の中に定着したことを意味します。

知識を身につけることは成長への近道です。facebookの創設者マーク・ザッカーバーグも今年2015年の抱負に読書量を増やすこととさまざまな分野の本を読むことを挙げています。
仕事に関係のある本だけを読むのではなく、いろいろなテーマの本を乱読する事が意外に仕事のアイディアに繋がったりするかもしれませんね。
TEXT BY e10くん2号
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 エンジニア
業務内容 ソーシャルゲームもしくは何らかのエンタメ系コンテンツの開発支援
勤務地 横浜
給与 年収300万~
※経験考慮
求める人物像 ◆必須スキル
・Unityでのゲーム系開発経験

◆優遇スキル
・Unityでのゲーム制作経験
・基本的数学力(Matrix/Vector/Quarternion)
・基本設計の経験(MVC/バインディング)
・2D/3Dの造形経験
→モデリング/テクスチャリング/リギング/モーション等
・メカニムでの実装経験
・nGUIの使用経験
・ゲームパラメータ計算の実装経験
・AIの実装経験
・ゲームの開発ツールを作成した経験
→Unity Editorを利用した自動化等
・モバイルデバイスでのネイティブ開発経験(iOS/Android)
・エフェクト制作の経験
・シェーダープログラミングでの開発経験
・通信プレイの開発経験
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 9:00~18:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。