ネットワーク・サーバエンジニア WEBプログラマ その他

自分の強みを見つける3つの方法

2015/5/1 16:00

経営学者ピーター・ドラッカーは著書の中で繰り返し「何よりも強みを生かす」ことのメリットを説いています。


考えてみればたしかに、自分の強みについて考えるより、現在悩んでいる自分の弱みをどう補うかに関心を寄せがちです。
自分の強みを見つけることができれば苦手な弱点を取り繕うよりも効率的に自分のウリを発見することができそうです。
今回はドラッカーたち先人が実践してきた強みを見つける三つの方法をご紹介します。


1.周囲の人間に自分のウリを聞いてみる


家族や友人、同僚など、身近にいる人に率直に聞いてみましょう。
普段自分と接している人の声を聞くことはシンプルな方法だけに効果的です。
人から自分がどのように見えているか客観的にわかるので、思いがけもしなかった強みがわかるかもしれません。


2.褒められた事を書き出す


今までに評価されたり、褒められた事柄をノートに書き出してみましょう。
賞をもらった夏休みの課題、点数の良かった教科、好評だった研究レポートなど、
意外と忘れがちな過去の実績を見える化して書き出していくことで、元々持っていた自身の強みに気づくはずです。


3.診断テストを使ってみる


強みを見つけるための方法は世界中で生み出されていますが、
特に有名なのがマーカス・バッキンガム著「さあ、才能(自分)に目覚めよう」に登場するストレングス・ファインダーという心理テストです。
これは質問に答えていくだけで、「学習欲」、「慎重さ」、「戦略性」、「共感性」など、
どのような強みを持っているのかを教えてくれます。
この優れた自己診断ツールは、経済評論家の勝間和代さんをはじめ多くの愛用者がいるようです。



己を知れば百戦危うからず、というように自分自身の強みをよく知ることはビジネスにおいても成功の近道です。
弱みを補うことはもちろん大事ですが、自分がすでに持っている強みにフォーカスし、それを生かせる仕事を意識して行うようにしていきましょう。
普段より効率的に上司や同僚からの評価を勝ち取る事ができると思いますよ。

TEXT BY e10くん2号
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 エンジニア
業務内容 ログイン画面及び会員登録画面の改修支援
勤務地 東京
給与 年収300万~
※経験考慮
求める人物像 ◆必須スキル
・HTML5/CSS3での開発経験3年以上
・JavaScript(jQuery)を使用した経験

◆優遇スキル
・Photoshop/Illustratorを使用してのデザイン経験
・コード規約/標準の策定経験
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 10:00~19:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。