WEBデザイナー

好印象をあたえる報告メールの3つの作法

2015/8/12 17:00
「報告・連絡・相談」は、ほうれんそうと言われるように仕事に欠かせないものです。
メールでのコミュニケーションが増えた昨今、上司の判断をあおぐ報告などは、要点を絞り問題点をわかりやすく書くことが求められます。
今回はわかりやすく相手に好印象を与える報告メールの書き方をご紹介します。

1.はじめに報告する数を明確にする
報告する内容が複数ある場合は、まずはじめにいくつ報告をするのか伝えましょう。
立て続けに報告されると読む相手も混乱してしまいがちですが、最初に数がわかれば読む準備ができ、理解しやすくなります。
件名にプロジェクト名を入れると、いっそう読み手が判断しやすくなりますね。

2.報告内容をカテゴリ分けする
報告する内容を定型に落とし込みましょう。
「1.報告する案件」「2.起こった問題」「3.経緯」「⒋今後のアクション」と、この区分を念頭に置き、
内容を箇条書きで当てはめていけば、読む側がわかりやすいうえ、書く側にとっても簡単で手間が省けます。

3. 報告に”提案”を付け加える
事実の”報告”にくわえ、意見や提案をプラスしましょう。
上司が判断しやすいよう、”事実”と”提案・意見”は分けて書き、
さらに”なぜ、その提案が妥当なのか”を理由付けをしてください。積極的で問題解決力のある人材だと思われポイントアップ間違いありません。

わかりやすく手際の良い報告は、相手に好印象をあたえ、仕事の能力に対する評価にもつながります。
上司への報告は、社内プレゼンの機会ととらえ、念入りに整理し落ち着いた姿勢で行いましょう。
TEXT BY e10くん2号
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 デザイナー
業務内容 外資系大手企業の新規BtoCサービスのデザイン作業になります。
具体的には、現状のUI/UXの改善、広告用のバナー、LPの制作になります。
勤務地 渋谷
給与 年収300万~
※経験考慮
求める人物像 ◆必須スキル
・Photoshop,Illustratorでのデザイン経験3年以上(限りではありません)
・スマホ、PCサイトの制作経験

◆優遇スキル
・HTML、CSS、HTML5、CSS3のコーディング経験
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 9:30~18:30
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。