WEBディレクター

一味違う“議事録”で能率アップするための3つのコツ

2015/10/15 17:00
お客様と一緒にプロジェクトを完成させていく仕事では、議事録の作成が欠かせません。
とりわけ議事録には、”情報の共有”と”情報の証跡”という2つの重要な目的があります。
今回は上手に議事録を作成するコツをご紹介します。

1. 会議自体の情報を最初に書く
議事録は開催された会議そのものの記録でもあります。
はじめに、開催日、場所、参加者、会議目的、経緯を書きましょう。

2. ”決定事項”、”アクション”を優先する
長い会議の中で話される内容は多岐に渡りますが、特に重要なポイントは、「会議で何が決まったのか」、「これから何をするか」です。
この2点を優先して、記載するようにしましょう。

3. 議事内容を要約する
証跡でもある議事録は詳細な情報を書き留めておく必要があります。
ただし、忙しい責任者や時間のないメンバーも確認できるように議事録の要約(サマリー)を併記しましょう。
作成者には、読む側の立場に立った細やかな心づかいも大切です。

プロジェクト参加者全員が目を通すだけに、作成された議事録は評価対象になりやすい傾向にあります。
わかりやすい議事録を作成し、プロジェクト運営の助けになれば、一目おかれること間違いありません。
TEXT BY e10くん2号
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 ディレクター
業務内容 外資ECサイトローカライズWEBディレクション案件
勤務地 赤羽橋
給与 年収360万~
※経験考慮
求める人物像 ◆必須スキル
・業務で英語を使用した経験
・コーポレイトサイトのディレクション経験

◆優遇スキル
・ローカライズのディレクション経験
・コミュニケーション能力
・クライアントとの折衝経験
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 10:00~19:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。