その他

スケジュール管理もこれでバッチリ!転職カレンダーをつくろう

2016/10/24 11:01
長い転職活動では、とくに大切なのがスケジュール管理です。本腰を入れて複数の会社に応募すると、どこの会社にエントリーしているのか?、選考はどこまでいってるのか?、手帳やスケジュールアプリだけではわからなくなるほど複雑になります。間違えて面接の予定をすっぽかしてしまったなんてことが無いように、スケジュールの管理はわかりやすく更新しやすいやり方をおこないましょう。今回は手軽につくれて、わかりやすい転職カレンダーのつくり方をご紹介します。

1.オンラインサービスを利用する
転職カレンダーはスプレッドシート機能がつかえてオンライン上に保存できるサービスを使いましょう。無料で使えるGoogleドライブやEvernoteがお勧めです。外出先からも閲覧や編集が出来るので、空き時間で更新していくことが可能です。スプレッドシートは罫線が自由にひけるので、見間違えにくく作成することもできます。

2.項目名を書きこむ
スプレッドシートの一番上の行には、項目名を入力していきましょう。左側から「管理番号→企業名→エントリー日→書類選考→一次面接日→二次面接日→選考結果→備忘メモ」です。
企業名には、エントリーを検討している会社の名前を入れていきます。必要に応じて、自分が把握しておきたい情報の項目も入れ込みましょう。

3.ステータスを更新する
転職活動が始まったら、進捗に応じて更新していきましょう。履歴書を送ったのであれば、「エントリー日」にその日付を書いてください。最初の面接が決まった時は「一次面接」に日付を書き込みます。自分がそれぞれの会社とどのようなステータスなのか、一目で把握できます。会社ごとに面接の感想や、面接で質問してみたいことなど、ちょっとしたメモを残せば、次の選考に進んだ際の参考にもなるでしょう。

転職活動は、内定を取ることが目的の一種の「プロジェクト」です。キッチリした計画をたて、プロジェクト進捗を管理していけば、内定獲得までもうすぐかもしれません。
TEXT BY e10くん2号
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種
業務内容
勤務地
給与
求める人物像
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 クライアント先
雇用形態 契約社員
勤務時間 10:00~19:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。