WEBディレクター 高給与 即採用

新卒じゃなくてもクリエイティブ職に関わるには? どうしてもやりたい仕事に挑んでみよう!

5/16 13:57
新卒でクリエイティブ職に就くのは狭き門です。クリエイティブ職への転職でも、経験者であることが求められることがあります。しかし、クリエイティブ職に挑んでみたいと思うなら、道はあります。今回はその方法をご紹介します。

 

アシスタントから始める

多くのクリエイティブ職には、アシスタント職が存在します。雇用形態としては、アルバイトや契約社員になるでしょう。アシスタント職では、クリエイターたちが仕事を仕上げるための下準備をしたり、素材を集めたりします。その職業に関する基本的な知識を求められることもありますが、たとえば雑誌の編集部ならば、電話対応や、荷物の発送作業など、専門知識を必要としないアシスタント職もあります。アシスタント職では、他の仕事で学んできたことが役に立ちます。社会人として基本的な立ち居振る舞いができることや、クリエイターたちが作業に集中できるよう、雑務を引き受けることを求められます。このように、まずはアシスタントとしてクリエイティブ職に関わり、仕事の手順を覚えたり、繁忙期の様子を学んだりします。先回りして準備ができたり、手際よく段取りができたりすると、クリエイターたちから認められるようになるでしょう。こうして信頼を勝ち得ていけば、クリエイティブな仕事も任される可能性が出てきます。

 

スキルを磨く

クリエイティブ職では、それぞれの人が自分の仕事に手一杯で後進を育てるのには難しい環境です。仕事の内容を丁寧に教えてもらえることは少ないかもしれません。そこで、自分が目指しているクリエイティブ職に関わる知識は、自ら学んでいくことが必要です。編集者なら好きなジャンルの本を読み、デザイナーならば自分でデザインをしてみるようにし、IT系ならば次々に出てくる新しい知識や技術を勉強しておくのです。クリエイティブな仕事をするチャンスが巡ってきたときに、能力を発揮できるように準備をしておくのです。アシスタントとしてクリエイティブな現場のそばにいられるなら、実際の仕事の内容を観察して、技術を盗むのもよいでしょう。

 

会社で求められる人材を考える

どのような形でもクリエイティブ業界に飛び込めたら、その会社のなかで自分になにができるのかを考えます。今、会社から必要とされる人材はどんな人なのかを探るのです。この分野ならば人が手薄だから、自分が活躍できるかもしれないなど、働きながら目星を付けるのもよいでしょう。任された仕事を確実にこなしながら、折りをみて、ゆくゆくは自分はこんなことがしたい、こんなことができると、周囲にアピールするようにしましょう。

 

クリエイティブ職は人手が足りない業界ですから、アシスタントからクリエイティブ職として採用される可能性はあります。クリエイティブ職は諦めずに挑むことのできる仕事です。
TEXT BY トミー スターク
職種 Webディレクター&Webプロデューサー
業務内容 急募!!
私たちは豊富な案件の中から希望する案件に携わり、 スタッフが思う存分キャリアアップできる環境を作ること。
具体的には、・ 最下限でも月給30万円スタート・クライアントとの関係性により残業は少なめ
         ・ しっかり休める完全週休2日制といった条件があります!!
まずは肉体的・精神的に厳しい環境だと、キャリアプランどころではありません!!

また、案件を担当する営業が常にサポート。 あなたに代わって労働条件などの交渉も行います。 そんな当社の環境だからこそ定着率は非常に高く、 スタッフは平均で勤続4~5年、 長い人で8年以上務めている人もいるほど。 一人ひとりの満足度もとても高いです。 働きやすさとキャリアアップを両立できる当社で あなたも希望を叶えてみませんか。

業務内容
大手外資系自動車メーカのWebサイト制作

こちらの案件の中で様々な案件のディレクションンを行って頂きます。
常駐先は大手広告代理店。スキルの高いメンバーの中で、ご自身の今までの御経験をフルに活かす事が
できます!
勤務地 有楽町
給与 35万~60万
求める人物像 ・クライアント様先に常駐となるため、コミュニケーション力のある方
・売上を意識したハンドリングができる方
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 お客様先
雇用形態 契約社員
勤務時間 9:00~18:00
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。