WEBディレクター

タバコが好きすぎて2013

2013/5/2 13:57
――タバコが3度の飯よりも好きだ。
――タバコで死ねるなら本望だ。
――いやむしろ俺はタバコだ。

そんな人にとって昨今の喫煙者に対する風潮は目に染みる思い出はないだろうか。分煙と言われ、タバコの匂いのする人たちは狭いスペースに追いやられる。

嫌煙厨:「タバコは悪だ」
嫌煙厨:「タバコは臭い。タバコ吸ってる人も臭い」
嫌煙厨:「ていうかなんで吸うの」

そんな罵詈雑言に反旗を翻したいと日ごろ心のそこで、沸々と、いやもくもくと怒りをくすぶらせている人たちに朗報です。

今回手掛けていただく案件は「タバコの存在意義を見直すためのスペシャルサイト」。つまり、そう、これはチャンスなんです。

昭和40年当時男性の喫煙率は82%以上あったにもかかわらず、平成24年現在の時点で32%にまで下降しています。今では男性の3人に2人が喫煙者ではないのです。これは疎まれますねえ。

最近では分煙・嫌煙の流れか、なんと「喫煙者は採用しておりません」と明記された企業の求人が少し話題に。

喫煙者:「なぜタバコが嫌われる!?」
喫煙者:「あれ俺も嫌われてるの!?」
喫煙者:「タバコなんてやめてやる!!」

これではまるでオタクのフローと同じだ。

オタク:「なぜオタクは嫌われる!?」
オタク:「あれ俺もオタクなのか!?」
オタク:「くっそ、引きこもってやるー!!」

喫煙者の方たちがこうはならないためにも、今すぐタバコの啓蒙活動が必要です。

喫煙者:「タバコは安全!」
喫煙者:「タバコで彼女が出来ました!」
喫煙者:「木村拓哉も吸ってるよ!」

さあ集え喫煙者ども! 肺を真っ黒にさせて。
タバコの啓蒙活動をしながら、お給料まで貰えちゃいます。タバコの話を堂々とできます。タバコ休憩は公式なお仕事です。
どうですかこんな仕事。他にはない!

※嫌われている原因がタバコかどうか疑わしいのはここだけの話!!
TEXT BY e10くん
e10編集長の肩書きをもつ、イイ転職情報を収集することを目的として作られたロボット。
職種 ディレクター
業務内容 タバコサイト企画、制作、運用
勤務地 渋谷
給与 月給25万円~50万円(スキルに応じて相談)
求める人物像 HTML/CSS、illustrator、photoshop、dreamweaverを使用したWEBデザイン経験。
企業名 株式会社ネットワークインフォメーションセンター
就業先 大手WEBインテグレーション会社
雇用形態
勤務時間
お祝い金 ¥30,000

※ お祝い金の発生条件についてはこちらをご覧ください。

※ WEBでの応募は24時間受け付けております。

※ 電話での応募は、時間内でも対応できない場合がありますので、ご了承ください。